女の人

通信制高校の人気を知ろう|マイペースで勉学に励む

通信教育で高校に通う

教師と学生

高校卒業の資格得られます

働きながら高校を卒業したい人、高校を中退した人、不登校になった人等様々な人が通信制高校を選択しています。通信制高校は、その名の通り通信教育により高校卒業の資格を得られるというものです。単位制になっている所が多く、個人のライフスタイルや家庭の事情に合わせて卒業までの年数が変えられます。最短で、通常の高校と同じく3年、長い人で10年以上かけて卒業する人もいます。単位は、レポート提出・面接・テストの流れで取得していきます。レポートは選択している科目数にもよりますが、月に5〜8個程、面接は、各科目ごとに出席日数が決まっており、その分だけ行う必要があります。通信制高校は、高校選択の幅が全国に広がります。沖縄にいながら東京の通信制高校に通うことも可能です。東京には、通信制高校が多数あり、科目数も多いので選択の幅が広がります。

自己管理が大事です

通信制高校に通うことで一番難しい点は、勉強を自己管理しなければならないことです。手を抜こうと思えばいくらでも抜けてしまうので、自分で自分を律して勉強する必要があります。その為にも目的意識をしっかり持つことが大切です。例えば大学に進学したり資格を取ったりして、将来の明確なビジョンを持つことが重要です。将来何をしたいか分からないという場合でも、とにかく高校は必ず卒業するという気持ちは、常に持ち続けることが大事です。もし、自分1人でモチベーションを保てないようであれば、面接時に相談することで保てるようになります。面接は、高校が東京にある場合、東京まで行かないといけないかというと、そうでもないです。地方毎に、塾のようなブースを設けて面接を行ってくれる高校もあります。